1. TOP
  2. COLUMN
  3. sisamのとりくみ

#マイecoアクション -今、私たちにできること-

キャンペーン詳細

「1投稿×100円寄付キャンペーン」—あなたのアクションが森を守り、山で暮らす人たちへのエールに。

シサム工房は、あなたの一つのアクションを大切に受け止め、投稿数×100円という形で、
フィリピンの環境NGOの再建資金として寄付金を届けます。

■キャンペーン期間

2022/5/1(日)-2022/5/31(火)

■参加手順

①あなたの日常にあるエコアクションを撮影!
②インスタグラムで@sisam_fairtrade_officialをフォローして
「#マイecoアクション#ClimateJustice#シサム工房」を本文につけて投稿
③1投稿につき「100円」を環境NGOに寄付金として届けます。(上限50,000円)

Instagramで投稿する↓
https://www.instagram.com/

※フィード投稿のみ対象(ストーリーは対象外)

■投稿例

日々使っているマイボトル、マイバッグ。コンポスト。
あなたが日常的に行っている、エコアクション。ぜひエコポイントを一言添えて発信してください。

小さなことだったとしても、それが広まり
より多くの方のアクションにつながれば、それはとても大きな力になります。

寄付先について

4月に開催した「sisamの創業祭」に引き続き、
今回も寄付先としてフィリピンで暮らすコーヒー農家さんを支援している環境NGO
コーディリエラグリーンネットワーク(CGN)を選ばせていただきました。

現在CGNは組織運営そのものがかなり深刻な状況にあります。

ゲストハウスやカフェ、スタディツアーといった、これまで収入を支えていたものが、
コロナ禍によりことごとく継続できなくなってしまったのです。

それらに加えて、事務所や倉庫、トラックといった資産をことごとく手放し、
今は有給スタッフは3人のみの状態で、給与も十分に出せていない状態だといいます。

依然厳しい状況の続く現地にとって、今回のInstagram企画が少しでも応援になることを願っています。

コーヒーの2050年問題

コーヒーの2050年問題という言葉をご存じでしょうか?

コーヒーの2050年問題とは、世界的な気候変動による地球温暖化により、
コーヒー栽培出来る土地が少なくなり、気軽に飲めるものではなくなってしまうという問題です。

コーヒーの品質低下や、価格上昇が危惧されているだけではなく
これは、コーヒー農家のさらなる貧困につながる恐れもあります。

 

今年の世界フェアトレードDAYのテーマは「気候変動」

 

気候変動は、フェアトレードの国際機関WFTO(世界フェアトレード連盟)の重要な基準の一つ。

そして、今年の世界フェアトレードDAY(2022/5/14)のテーマにもなっています。

 

今、私たちにできること。

それは、今この現状を理解し、自分事として気候変動のためにアクションすること。

シサム工房でも、毎年5月に行っているフェアトレード月間のアクションとして、
Instagramで世界フェアトレードDAYのテーマ「気候変動」と連動した企画を行います。

 

あなたの日常にあるエコアクションを、
ぜひエコポイントを一言添えてInstagramで発信してください。

///

30年後、当たり前に美味しいコーヒーが飲める未来を迎えられるように。

今私たちにできることを、少しずつ。
一緒に、気候変動へのアクションを行いませんか。

ご参加を心よりお待ちしております。

 

ギフトラッピング

有料にてギフトラッピングを承っております。
>「シサムのギフトラッピングページ」へ

お支払い方法

●クレジットカード

●コンビニ後払い ●代金引換 ●Amazonペイメント●フェアトレードコイン

配送

●お届け日時:ご指定のない場合、ご注文から5営業日以内での出荷となります。 ●日付指定:ご注文より8日後~15日後まで ●時間指定:

送料

●基本送料:650円(本州・四国・九州) / 1,200円(北海道・沖縄・一部離島) ●11,000円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料。
>>詳しくはこちら<<

お問合せ

お問合せフォームはこちら ●TEL:075-724-5677  ●E-mail:web@sisam.jp
●営業時間:9:30~17:30(土日祝休) 

その他

●sisamファミリー登録の方限定、ポイント付与サービスをおこなっております。
sisamファミリー登録はこちら